株主優待にも様々なものがありますが、最近では有名な元棋士などの影響により、沢山の人が株主優待を期待している傾向があるようです。
この株主優待の銘柄ですが、人気があるもの、おすすめなものはいくつかに限られてきます。
具体的にはこの企業のこの銘柄が良いというのがあり、また人気の銘柄もいくつかあるのです。
それでは、そもそも株主優待を企業が設置する理由は何でしょうか。
また、どういう物があるのか、株主優待を請ける方法も合わせて紹介しましょう。

株主優待で旅行が出来る?企業が株主優待を推す理由

そもそも株主優待はどうして行われているのでしょうか。
これは個人だけではなく、企業側にも大きなメリットがあるためです。

理由の一つとしては、個人への還元率やお得感を高める、というのがあります。
これは個人ならば企業投資家とは違い、個人として家庭で消費しやすいもの、自分の娯楽のために消費しやすいものを好む傾向があるためです。
例えば企業が映画優待や旅行券などを貰っても活用しづらいのですが、個人ならば喜んで旅行に行こうとするでしょう。
食品やサービスなども個人を対象にしているものならば、やはりそれぞれの人達にサービスすることでよりお得感や満足感を高められるのです。

もう一つの理由は、株主を増やすことで企業を守る効果があるためですね。
株主は企業に対して様々な権利を所有します。
このため、企業を自分たちで存続させたいのならば、自分たちで所有する以外にも企業に対して良い印象を持っている人たちに対して株を所有させたほうが良いのです。

こういった個人株主が増えることで、まずは上場しやすいというメリットがあります。
実は上場するためには、株主数に対する制限もあるのです。
株主優待を通して、株主数を増やすというメリットがあります。株主数が増えると、上場しやすくなるのです。

次に、株を手放させないようにすることですね。
株を手放して企業買収などにつながると、企業の存続がとても危ういのです。
あまり手放さない個人株主や、長期保有しやすい優待目当ての株主を増やすことで株の売買を安定させる効果を期待しています。
株主が増えることで企業の株価も支えられるでしょう。

長期保有している人が多いと、株価も大きく上下しづらくなります。
配当だけの株ならば配当が下がれば株も手放す人が多いのですが、株主優待があることで積極的に株を手放さない株主が増えるのです。

最後に、サービスを体験してもらうというのが方法ですね。
たくさんの企業の中でもその店舗やサービスなどを知ってもらうことは、株主への還元と同時に、集客や宣伝効果も期待できます。
特に株主優待は必ず年に一度くらいのペースで行われていますので、株主優待を所有している人はリピーターになる可能性があります。
また、商品券に企業のロゴやサービスなどを印刷するのも方法でしょう。

人気の株主優待ランキングを紹介

人気の株主優待はいろいろな種類があるのですが、ここでは特に有名な企業の優待をランキングで紹介しましょう。
このランキングは優待の中でも有名なものを集めました。
本当におすすめできる株主優待をご紹介しています。

4位:イオン

イオンは株主優待カード、いわゆるイオンオーナーズカードを毎年株主に送付しています。
このカードはイオンでお買い物をすることによって割引になるというものですね。
最低でも3パーセント、最大で7パーセントの還元率になることもありますので、普段からイオンを活用する人には良いですね。
また、イオンシネマで映画の割引があったり、イオン系列のスーパーやペットショップでも使えるのです。
一定以上の数を持つ株主であれば、更に割引券もついてきます。

3位:すかいらーく

すかいらーくとは、ガストなどの有名なファミリーレストランを運営する企業です。
有名なのはガストですが、おはしガストやステーキガスト、夢庵、ばーみやんなどを経営しています。
株主優待も人気で、毎年2回株主へ食事券を送付しているのです。
これは株主優待券としてとても有名で、500円の無料券を最低でも3000円分、最大で36000円分もらえますよ。

2位:ダイドーグループホールディングス

ダイドーは飲料を販売している企業で、自動販売機やスーパーなどで販売しています。
また、食品なども製造しているのです。ダイドーは自社製品の詰め合わせを年に2回、株主に送付しています。
また、株主専用の割引も実施しています。
商品詰め合わせの金額が3000円分と大きく、バリエーション豊富な商品を楽しめるのが大きなポイントでしょう。

1位:マクドナルドホールディングス

これは有名なマクドナルドを利用できる商品券を、年に2回もらうことが出来ます。
中身はバーガーとサイドメニュー、ドリンクのチケットがそれぞれ1枚ずつ、合計3枚が1ページになったものですね。
それを6枚綴りにした冊子が送付されます。
所有する株数によっても違いますが、最低でも1冊、多ければ最大で5冊まで送付され、利用することが出来るのです。

特にマクドナルドは世界中にありますが、この商品券は日本国内のマクドナルドで利用できます。
一部商品は使うことが出来ませんが、とても人気のある商品券になっていますよ。

株主優待はどのようにして受けられる?

ところで、この株主優待はどうやって受けられるのでしょうか。
株主優待をもらうためのルールはいくつかあります。

ひとつは株の保有数です。
どの株主優待でも、最低保有数というのがあります。この保有数を超える株を持っていれば株主優待を受け取ることが出来るのです。
基本的には最低100株というのが多いのですが、企業によっては10株というところもあれば、1000株というところもあります。
株の保有数はだいたい100株が多いので、まず確認してから購入しましょう。

また、段階ごとに優待の数を増やしたり、お得度合いを増やしているところもあります。
これは株を多く所有することで、より優待の量やサービスが充実するのです。
例えば先程のマクドナルドホールディングスの場合、食事券は100株で1冊ですが、300株で2冊、500株で3冊となっています。

次に、特定の日付までに株を所有していることでしょう。
これは権利付き最終日というもので、株主優待を受けられる権利を所有する最終日というものがあります。
その日に特定の数の株を所有していることで、株主優待を受けられるのです。
この場合、日付は割当基準日というもう一つの日付を見ましょう。

これは大体月末が多いのですが、それぞれの企業毎に日付は違います。
その3営業日前が権利付き最終日となっており、その日までに特定の株数を所有していれば問題はありません。
例えば3月31日が権利確定日ならば、権利付き最終日は3月28日となっています。
ただしこれは土日をカウントしませんので、もし権利確定日と権利付き確定日の間に土日祝日があるのなら注意してください。

また、これは立会時間内と決まっています。
この立会時間とは、証券取引所内で株をやり取りする時間のことをさすのです。
平日の9時から11時30分、12時30分から15時ですので、その時間に購入を済ませておきたいところですね。

こうすることで、株主名簿に記載され、株主優待を受けることが出来ます。
株主優待は権利確定日の後から更に2ヶ月から3ヶ月程かかります。
商品券や商品などならば、そのまま家に配送されるのを待つだけで良いでしょう。
一方、カタログギフトやいくつかの商品から選ぶタイプ等の場合はそこから更にはがきや専用サイトなどで商品を選び、申し込む手続きがあります。