株価変動の予想方法とは?

株価変動を予測する方法はテクニカル分析とファンダメンタル分析に大別されます。
前者のテクニカル分析は過去の株価のデータに基づいて、将来を予想するものです。
毎日更新される株価チャートを活用します。

株価チャートは、終値だけを示すラインチャートや4本値を示すローソク足などを用いるのが一般的です。
これをもとに、現在のトレンドを把握していきます。
ローソク足においては「酒田罫線(酒田五法)」と呼ばれる型があり、株価が上昇するパターンや下落するパターンで見られる型が示されています。
外国ではヘッドアンドショルダーと呼ばれる三尊天井と呼ばれる型や、三空といった典型的な型が出た場合には、ポジションを持つ絶好のチャンスとなります。

テクニカル分析を語るうえで外せないのが「移動平均線」です。
移動平均線は過去の株価変動を平均化したものです。
この線が上を向いていれば上昇トレンド、下向きであれば下降トレンドということになります。
順張り型のトレーダーは移動平均の向きにしたがってポジションを保有します。
移動平均線を2本、あるいは3本使ってより細かくトレンドを読む方法も人気です。
全ての移動平均線が同じ向きであるときは、そのトレンドが強く、長続きする可能性が高まります。

移動平均線以外にもテクニカル分析の方法はたくさんあります。
比較的人気が高いのはボリンジャーバンドや一目均衡表などのトレンド系のテクニカル指標です。
さらには、オシレーター系のテクニカル分析もあります。
これは、現在の株価が買われ過ぎの状態なのか売られ過ぎの状態なのかを把握できるものです。
RSIやMACD、ストキャスティクスなどが挙げられます。
トレンド系のテクニカル指標と組み合わせて活用することによって、予想の精度が高くなると言われています。

一方、ファンダメンタル分析とはその企業の業績や将来性を見据えて、現在の株価が割安なのか割高なのかを分析する方法です。
PERやPBRといったデータを用いるのが一般的です。
ただし、ファンダメンタル分析は会計の知識なども必要で、個人投資家は情報収集力に劣るため、不利と言われています。
個人投資家がファンダメンタル分析だけで戦うことは困難ですから、テクニカル分析をメインに行うと良いでしょう。
ただし、余裕のある方はファンダメンタル分析を学ぶと視野が広くなります。

株が経済に与える影響はある?

株価と経済は密接な関係にあると言われています。
なぜなら、株価は企業の業績をある程度反映させながら推移しているからです。
業績が良いと期待される企業の株は買われるのが基本ですし、悪化が懸念される企業の株は一般的に売られます。
業績が良ければその会社で働く人の賃金が上昇する可能性が高まりますし、個人消費が伸びて景気がよくなるのが基本的な考え方です。

また、株価が上昇すると買いのポジションを持った個人投資家の財布も潤うことになります。
仮に、保有したポジションを保有したままであったとしても、含み益が発生していることでしょう。
そうなると個人投資家に余裕が生まれ、消費に回る可能性があります。
このように、株価と消費は実は密接な関係にあることが判明しています。

さらに、株価が上昇すると時価総額がアップし、企業の価値も高まります。
企業価値が高まると、人材や資金の確保がしやすくなります。
こうした効果によって、企業は優秀な人材確保や設備投資に前向きになることでしょう。
事業拡大がうまくいけば、さらなる企業の発展と経営の安定を見込むことができます。

逆に株価が下落してしまうと、これまで述べてきたのとは反対の現象が起こります。
企業の業績も悪化している場合には、勤務する労働者の賃金も下がります。
個人投資家が損失を被ったり、含み損を抱えている場合にも消費への影響が出るでしょう。
企業の価値が低くなれば、人材確保や設備投資にも消極的にならざるを得ません。

以上のように、株価と経済はたいへん密接な関係にあります。
日本政府が金利の引き下げや規制緩和を行い、株価を上昇させたいと考える理由は実体経済への影響が大きいからと解釈することができます。