株初心者は投資顧問のアドバイスを受けるのも良い

株式取引で利益をあげるためには優良な銘柄を選ぶことと、的確なタイミングでの売買を行うことがポイントになります。
その為には、充分に市場分析された高品質で鮮度のよい情報を入手することが必須です。
情報はニュースや専門誌、インターネットなどから得ることができるのですが、膨大な量の情報が氾濫しており、その中で自分の役に立つ情報を正確に見つけ出すことは、初心者にとってはとても難しいことです。
また多くの時間を費やして情報収集をしたにも関わらず、成果があがらない事もよくあります。

そのような壁に直面した時には、投資顧問のアドバイスを受ける事もひとつの方法です。
特に情報収集や株取引に慣れていない初心者にとっては有効な手段と言えます。
投資顧問とは顧客に対して投資のアドバイスをしたり、顧客の運用を引き受けることを業務とする業者のことで、主に2つの業務があります。
顧客に対して、株や債券などの有価証券やデリバティブ取引についてチャートなどを用いて市場分析を行いましょう。
銘柄や売買タイミングなどをアドバイスをする「投資助言業務」と、顧客からを投資を一任され、運用を行う「投資一任業務」です。

このような業務を行う投資顧問業者は言ってみれば投資のプロ集団であり、そこからもたらされる情報は信頼性があり、まだ市場に出回る前の鮮度が高いものです。
利用することによって、今まで情報収集にかけていた時間のロスが軽減され、投資パフォーマンスの向上も見込めます。
またプロの視点からの情報に触れることで自分自身も勉強になり、銘柄を見る目が養われていきます。

しかし初心者にとっては、数ある業者の中からどの業者を選べば良いのか、判断が難しいかも知れません。
投資顧問業者もそれぞれ得意とするトレードスタイルがありますので、自分に合うところを選ぶことが、パフォーマンスをあげる上で重要になります。
予め、自分の目指すトレードスタイルや欲しい情報を明確にし、それにマッチする業者に絞り込んでいくというステップが必要です。
多くの業者が無料登録だけで推奨銘柄の情報提供や保有銘柄の相談など様々なサービスを行っているので、試してみると情報の精度や自分に合っているかどうかが確認できます。

悪徳投資顧問業者の見分け方とは?

顧問業者を選定する上で気を付けなければならない事は、詐欺を目的とした悪徳業者を避けることです。
このような業者と契約してしまうと、お金を払っているにも関わらずまともな情報をもらえないばかりか、損失を被るリスクもあります。
投資顧問会社が投資助言業務や投資一任業務を行うには、金融商品取引法に基づいて金融庁へ届出を行い、許可を得ることが必要です。
許可が与えらえた業者には「金商取引番号」が与えられますので、業者を選ぶ際にはこの金商取引番号の表記の有無を確認すると正規の業者かどうかの判断ができます。

しかし、悪徳業者の中には金商取引番号を偽造して掲載するケースもあります。
正式に許可を受けている業者は「金融商品取引業者登録一覧」として金融庁のホームページに掲載されていますので、ここに掲載されているか否かを調べておくとより偽物にひっかかりにくくなります。
また会社の所在地や連絡先、責任者が明記されているかどうかやその信憑性も判断基準になります。
特に悪徳業者は電話応対が悪く、こちらからの相談にはぞんざいな態度なのに営業の電話は頻繁にかけてくるという場合があります。

会社が実在するかどうかの確認も兼ねて電話してみるのもひとつの手です。
近年ではインターネット上の口コミサイトや掲示板からも悪徳業者の情報収集が可能になりました。
口コミサイトの情報は実際に利用した人の意見ですので参考にする価値はありますが、ひとつのサイトを過信せず、いくつかの信頼できるサイトをチェックして総合的に判断することがおすすめです。
正規の業者ではなくても、パフォーマンスをあげてくれれば問題ないという考えもあるかも知れませんが、悪徳業者の場合、突然会社が消えて連絡がとれなくなってしまう可能性もあります。
契約料には幅があるものの決して安価ではありませんので、業者選びは慎重に行うべきです。