IPO株の投資について

IPO株とは、これまで証券取引所に新しく上場した会社の株の事をいいます。
日本語では新規公開株と言われ、意味としてはどちらも同じです。
株式としては、証券取引所で日々取引される普通の株式と何ら変わる所はありません。
購入するのに特別な資格は必要ありませんから、購入に必要な資金と証券会社の口座さえあれば誰でも購入可能です。

それでもIPO株や新規公開株と言われ、特別な扱いを受けている事には、それなりの理由があります。
IPO株が普通の株式と違うのは、上場前に株式を購入する事が可能である事と、購入する権利が抽選で決まる事です。

上場前に株式を購入できる事は、事前に決められた公開価格で株式を購入できるという意味になります。
普通、投資の対象は常に値動きするもので、決まった価格で購入する事はできません。
しかし、IPO株は最初から購入価格が決まっていて、公開価格として誰でも分かるように提示されます。
公開価格で1単元を購入できる資金があれば、確実にその価格で購入が可能です。

IPO株は近年注目が集まっており、数多くの投資家が集まって投資対象としています。
この為、上場初日は公開価格よりも高い初値が付く事が多い事が特徴です。
購入できる価格が決まっていて、その価格よりも初値が高くなりやすいいう事は、安く買って高く売るという流れを簡単にできる事になります。

株式投資の初心者でもできて利益が上りやすいという性質から、IPO株の人気はかなり高いものです。
この為、IPO株の公募が行われると投資家達が殺到します。
そこで、証券会社は会社毎の方針に従って抽選を行い、当選した投資家達に対してIPO株の購入権を与えています。

このように、IPO株の投資はローリスクで利益を得やすい投資方法の1つです。
抽選以外の競争は生じず、プロの投資家と競り合う事もなく、事前の準備をしっかり行った方が利益を得やすい仕組みになっています。
その仕組みを把握して、抽選で当選するように上手く準備をする事で、より良い投資ができるようになるでしょう

IPO株に当選する倍率はどれくらい?

IPO株の当選倍率は様々な要素が絡んで決まっていく為、明確な数値として出す事は難しい事です。
例えば、証券会社毎の姿勢が絡みます。
IPO株の取り扱いに積極的な会社は主幹事になる事が多く、配分される株の数も多くなるでしょう。
数多くの株式が抽選にかけられるのなら、他の会社に比べて倍率は低い事になります。

しかし、証券会社自身が数多くの株を配分されても、数多くの投資家が殺到して抽選に申し込みをすると倍率は高まります。
この為、主幹事になる事が多い割に口座数が比較的少ない会社の方が、倍率は低くなるでしょう。
会社毎のIPO株の取り扱いに対する姿勢は一定ではなく、これまであまり積極的でなかった企業が本格的に取り組み始めるという事例もあります。
この場合も、倍率は低くなるでしょう。

この他にも、証券会社の抽選方法や抽選時期によっても倍率は変化します。
店舗で販売する分が多い会社の場合は、インターネット上で抽選に申し込みしても当選倍率は高くなります。
抽選方法に資金額や取引額による優先条件がある場合は、自分が条件に一致するかしないかで倍率は大きく変わるでしょう。
また、ポイント制を採用している会社の場合は、投資家自身が当選確率を意識的に低くする事も可能です。

抽選時期による倍率の変化は、証券会社が発表するIPO株のスケジュールが関係します。
同じ銘柄でも、遅れて抽選が行われる会社もありますので、時間差で同じIPO株の抽選に申し込む事も可能です。
別々の会社が同じ銘柄で異なるスケジュールで抽選を行えば、申し込みをする投資家の数に違いがあるのは当然の事になります。

たった1つの証券会社で口座を作るだけであれば、チャンスはあっても当選するのは稀です。
IPO株の限られた公募に多くの投資家が殺到する状況で当選をするには、倍率を下げる工夫が必要になります。
複数の会社に口座を開いたり、家族で投資をしている方はIPOのスケジュールや情報を共有しあったりといった工夫が倍率を下げる事に有効です。